Internet Explorerのサポート期限はいつまで? (2013/5/14現在)

Windows8.1およびIE11提供開始に伴いその内容を反映した記事を2014/1/6に投稿しましたのでこちらをご参照ください。
Internet Explorerのサポート期間はいつまで? (2014/1/6現在)

なお、Windows 8.1提供開始に伴い、Windows 8およびIE10のサポート期限が変更(短縮)となっております。したがって、上記記事をご確認いただくことを強くお勧めいたします。

以下は2013/5/14に投稿した記事です。
———-
Internet Explorer ブログ (日本語版)に、IE10 の自動アップグレードが始まりますという記事が書かれているとおり、Internet Explorer 10(IE10)の自動アップグレードがまもなく始まります。
常にWeb制作者を悩ませるIEの過去バージョン、それぞれのバージョンがいつまでサポートされるのでしょうか?
[続きを読む…]

Gunosyのマネタイズを考えてみた

2011/10からサービスインしたGunosyですが、今年1月のiPhoneアプリリリース後爆発的に利用者が増えています。最近では、はてブの再編集ではないか?とかアルゴリズムがないのでは?と批判も浴び、Gunosy竹谷氏から「ここ最近のGunosy関連の批判についての所感」というコメントが出されました。このような批判がでるのも、利用者が増え有名になったという証ではないでしょうか。

以前よりGunosyのマネタイズが気になっていたので、思うところをつらつらと書いてみました。

[続きを読む…]

[メモ] 各レジストラの.inドメインのwhois情報公開代行への対応状況 (2013.5.3現在)

.inのレジストリ側の規約ではwhois情報公開代行を認めないものの、複数のドメイン取扱業者でwhois情報公開代行を行なっていました。何らかの事情でレジストリ側でwhois情報公開代行を行なっているドメインの利用を停止する措置を行ったため、一部の.inドメインが2013/4/30より利用ができなくなっています。

(2013/5/6更新)レジストラだけでなくリセーラーもあるためレジストラ→取扱業者に変更。情報提供いただいたKさんありがとうございます。

この件に関して2013/5/3現在での各取扱業者の対応状況をまとめました。
【.inドメイン取扱/Whois情報公開代行あり・対応中】
【.inドメイン取扱/Whois情報公開代行あり・未対応】
【.inドメイン取扱/Whois情報公開代行不明】
【.inドメイン取扱なし】
[続きを読む…]

[SSL] IIS7.5上での自己署名サーバ証明書の作り方

[SSL] SSLサーバ証明書について考えるという記事を書く際にWindows 2008R2のIIS7.5上で自己署名SSLサーバ証明書(いわゆるオレオレ証明書)を作成しました。その時の手順をメモとして残します。

  1. 自己署名SSLサーバ証明書作成手順
  2. IIS7.5にhttpsをバインドする手順
  3. IE9での確認

[続きを読む…]

[SSL] SSLサーバ証明書について考える

WebサーバとWebブラウザ間の通信を暗号化するためにはSSLと呼ばれるプロトコルを使用して通信を行います。このとき重要な役割をはたすのが、SSLサーバ証明書です。このSSLサーバ証明書、安いものは年間3000円程度のものから、高いものでは年間20万円程度のものまで様々です。根拠を提示せず「安い証明書で十分」という人もいます。本当にそうでしょうか?SSLサーバ証明書を選択する際の参考になればと思い、少し長くなりますがまとめてみました。

[続きを読む…]

ZenphotoへGoogle Analyticsを適応

Zenphotoを導入したのですがGoogle  Analyticsを利用するには設定が必要です。
Zenphotoカスタマイズ – INCOMPLETE++ を参照してGoogle  Analyticsでアクセス状況を見れるようにしました。

修正箇所
/zp-core/template-functions.php の function printZenphotoLink を修正
echo gettext(“Powered by <a href=\”http://www.zenphoto.org\” title=\”A simpler web album\”><span id=\”zen-part\”>zen</span><span id=\”photo-part\”>PHOTO</span></a>”); の次行にGAのタグを埋め込む

修正前

function printZenphotoLink() {

echo gettext("Powered by <a href=\"http://www.zenphoto.org\" title=\"A simpler web album\"><span id=\"zen-part\">zen</span><span id=\"photo-part\">PHOTO</span></a>");

}

修正後

function printZenphotoLink() {

echo gettext("Powered by <a href=\"http://www.zenphoto.org\" title=\"A simpler web album\"><span id=\"zen-part\">zen</span><span id=\"photo-part\">PHOTO</span></a>");

echo gettext("\n<script type=\"text/javascript\">\n var _gaq = _gaq || [];\n _gaq.push(['_setAccount', 'UA-xxxxxxxx-x']);\n _gaq.push(['_trackPageview']);\n\n (function() {\n var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;\n ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';\n var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);\n })();\n\n</script>\n");

}

Google  Analyticsのリアルタイム検索で実際の設定が働いているか確認して完了。
ただしこの方法だと、ページの後半部分にGoogle  Analyticsのタグが記載されてしまう。本来はGoogle  Analyticsのタグは</head>の直後に記載することが推奨されているので、推奨どおりにするためには別の解決方法が必要と思われる。