[勉強会] MTCafe Tokyo 2013 Springに参加しました!

東京で4/20に開催されたMT Cafe Tokyo 2013 Springに参加しました。
参加してから1ヶ月近く経過してしまいましたが簡単に参加レポートを書きました。

MTCafeTokyo2013Spring1
私自身は12/8に開催されたMTCafe Tokyo 2012 Winter以来の参加でした。今回もとても楽しめました。当日は2トラック4セッションと豪華な内容でした。

MTCafeTokyo2013Spring2

今回自分が聞いたセッションは次の2つ。

  • セッションB-1 CMS構築案件で起こる「認識のすれ違い」(小野崎さん)
    セッションは比較的早く終わり、後半はディレクターさんなどからの話が多かったです。
    あるある的な話も多く、皆さん同じような悩みを抱えているんだなぁと再認識させられました。
  • セッションB-2 変化に強いインフラを楽して構築するために考えること(柳下さん)

    セッション内容を聞きながらMTも他のCMS同様、Webプラットフォーム化(フレームワーク化)が進んでいるのかなと感じました。
    高速化やクラウド化など、インフラよりの話は参加者にとっては新鮮だったのではないでしょうか。自分が参考になったのは、MTの配置の話
    以下の3つに分離して配置をすることで、L/Bなどと組み合わせた構成も組みやすそうです。
    • ユーザーによる書き込みがなくアクセス制限が必要な領域
      adminCGIPath / mt-static
    • ユーザーによる書き込みがなくアクセス制限が不要な領域
      CGIPath(コメント・トラックバック・検索)
    • ユーザーにより書き込みがある領域
      サイト
      サポートディレクトリ(mt-static/supportを分ける)
      テンポラリディレクトリ(tmp)
      その他

お話のなかでは以下のような話もありました。

  • MTではSSIは望ましくない
  • AngularJSはフォームやシンプルページに便利に利用できる
  • adminスクリプトを単位としてライセンス費用が発生する

今回初めて懇親会にも参加しましたが、いろいろな話を聞けて大変参考になりました。
MTも面白いので参加される方が増えるといいですね。近い所では6/29(土)大宮のコワーキングスペース7FにてMTCafe Saitama 2013が開催されます。興味がある方はぜひご参加ください。