北陸新幹線の名称を勝手に予想!(列車名募集は6/30まで)

2015年春に北陸新幹線が金沢まで開通することが決まりました。これにあわせて列車名称が6/30まで募集されています。
これまでの新幹線の名称の由来と、北陸新幹線の名称を勝手に予想してみました。

hokuriku-shinkansen

これまでの新幹線の名称の由来

【東海道・山陽・九州新幹線】

shinkansen_300 shinkansen_0

ひかり(東京〜博多)
由来:速さがイメージできる「光」から。また開業前の公募では1位を獲得しました。過去には、戦前の満鉄の急行列車に、戦後の九州内の準急・急行列車にの名称としても使用されていました。

こだま(東京〜博多)
由来:音の現象「こだま」から(公募10位)。開業前の東京〜大阪間のビジネス特急「こだま」から。

のぞみ(東京〜博多)
由来:「希望(きぼう)」を大和言葉にすると「のぞみ」となるため、とされています。過去には、戦前の満鉄の急行列車に使用されていました。

みずほ(新大阪〜鹿児島中央)
由来:「みずみずしい稲の穂」を意味する「瑞穂」から。過去には、東京〜熊本間の寝台特急列車に使用されていました。

さくら(新大阪〜鹿児島中央)
由来:公募で1位となった「さくら」から。過去には、戦前の東京〜下関間の特急列車に、戦後の東京〜大阪間の臨時特急列車、東京〜長崎間の寝台特急列車に使用されていました。

つばめ(博多〜鹿児島中央)
由来:博多〜西鹿児島間の特急「つばめ」から(公募5位)。過去には、戦前の東京〜神戸間の特急列車に、戦後の東京〜大阪間の特急列車に使用されました。東海道新幹線開業後は、新大阪〜博多間、岡山〜博多間の特急列車に使用されていました。その後、博多〜西鹿児島間の特急列車に使用さました。

【東北・秋田・山形新幹線】
shinkansen_e5a shinkansen_e5b

はやぶさ(東京〜新青森)
由来:鳥のはやぶさにちなみ、親しみやすさとスピード感があることから(公募7位)。過去には、東京〜西鹿児島間の寝台列車に使用されていました。

はやて(東京〜新青森)
由来:公募19位であったが、スピード感を表す名称として。「はやて」はそれ以前の公募で何度か上位にあがったものの縁起がよくない(農作物に被害をもたらす風や、疫病の異名でもある)とされ選ばれて来ませんでした。

やまびこ(東京〜盛岡)
由来:音の現象「やまびこ」から。また新幹線開業前の上野〜盛岡間の特急「やまびこ」にも使用されていました(公募5位)。

なすの(東京〜那須塩原・郡山)
由来:沿線の地名「那須野ヶ原」から。過去には、上野〜宇都宮間の準急列車・急行列車・特急列車に使用されました。

こまち(東京〜秋田)
由来:湯沢市出身とされる小野小町から(公募1位)

つばさ(東京〜新庄)
由来:山形新幹線開業前の上野〜秋田間(奥羽本線経由)の特急「つばさ」から。

あおば(東京〜仙台)
由来:仙台の名所「青葉城」から(公募2位)。過去には、上野〜仙台間の急行列車に使用されたのち、仙台〜秋田間の特急列車にも使用されました。

【新潟・長野新幹線】

shinkansen_200

とき(東京〜新潟)
由来:天然記念物の「トキ」から。また新幹線開業前の上野〜新潟間の特急「とき」にも使用されていました(公募1位)

たにがわ(東京〜越後湯沢)
由来:沿線の地名「谷川岳」から。また上野〜水上間の特急「谷川」から

あさま(東京〜長野)
由来:沿線の地名「浅間山」から。また新幹線開業前の上野〜長野・直江津間の特急「あさま」から

あさひ(東京〜新潟)
由来:「朝昇る太陽」の「朝日」から。また新潟山形県境の朝日山地から(公募18位)。過去には、戦前の満鉄の急行列車に、戦後は仙台〜新潟間の準急列車・急行列車に使用されました。

名称のパターン

これまでの新幹線の名称とその由来を見て来ましたが、その名称には何種類かパターンがあります。

  • 速さ
    ひかり(光)、こだま(音の反響より)、はやて(疾風)、やまびこ(音の反響より)
  • 鳥に関連
    つばめ、はやぶさ、つばさ、とき
  • 地名
    なすの、あおば、たにがわ、あさま
  • その他
    のぞみ、みずほ、さくら、こまち、あさひ

初期の新幹線では「速さ」にちなんだ名称が選ばれることが多かったですが、最近では「はやぶさ」「さくら」など「速さ」とはあまり関連しない名称が選ばれることも増えています。ただし地名にちなんだ名称は、近距離もしくは各駅停車型に採用されることが多いようです。

名称候補

まずはこれまでの命名の傾向から、まずは名称の候補を選出してみました。
新幹線の名称では在来線の名称からとられることも多い(やまびこ、つばさ、つばめ、とき)です。調べてみると、現在金沢〜富山周辺を走っている列車は次の通りです。

【現在走っている列車名】

  • はくたか 越後湯沢〜金沢間特急列車
  • 北越   新潟〜金沢間特急列車
  • サンダーバード 大阪〜富山間特急列車
  • しらさぎ 名古屋〜富山間特急列車
  • 加越   米原〜富山間特急列車

【過去走っていた列車名】

  • 雷鳥   大阪〜富山間特急列車
  • 日本海  大阪〜青森間寝台特急列車
  • つるぎ  大阪〜新潟間寝台特急列車
  • きたぐに 大阪〜新潟間急行列車
  • 白山   上野〜金沢間特急列車
  • 北陸   上野〜金沢間寝台特急列車
  • 能登   上野〜金沢間急行列車
  • 越前   上野〜福井間急行列車
  • 白鳥   大阪〜青森間特急列車

私自身は、次の名前が採用される可能性が高い候補として予想しています。

  • はくたか
    現行の列車名であり、長野新幹線開業前の上野〜金沢間の特急列車の名称でもありました。
    富山県立山の開山伝説に登場する「白い鷹」から
  • 白鳥
    1961年に運転開始した由緒ある列車の名称。
    もともとは、大阪〜青森・上野を結ぶ特急列車の名称でしたが、1965年に上野系統を分離し「はくたか」とした経緯があります。
    新潟県阿賀野市の瓢湖に飛来する「白鳥」より
  • 雷鳥
    大阪〜富山間の特急列車名として使用されていました。
    富山県の立山連峰に生息する天然記念物「雷鳥」から
  • 白山
    石川県・岐阜県県境の山の名前から
    上野〜金沢間の特急列車の名称でもあった。

(番外)

  • ひびき
    「こだま」や「やまびこ」同様、音に関する名称から速さがイメージできる。
    過去に東京〜大阪間の特急列車に使用されたことがある。
  • おおとり
    鳳凰など架空の大きい鳥類から
    過去に東京〜名古屋間の特急列車、函館〜網走間の特急列車に使用されたことがある。

大胆予想!!

自分は、速達タイプ・各駅停車タイプ・長野どまりとわけてみました。

速達タイプ    はくたか
各駅停車タイプ  ひびき
長野どまり    あさま

さて皆さんがどのような応募をされるのか、今から発表が楽しみです。
6/30までで列車名称を募集していますので、今すぐ!
北陸新幹線列車名募集

【参考資料】