[勉強会] 「concrete5ってなに?」に参加してきました

ひと月近く前になりますが、6/18に Stocker.jp / Space で行われた「concrete5ってなに?」に参加してきました。concrete5は以前より気になっていました。なかなか勉強する機会が恵まれまかったのですが、勉強会が開催されるということで、せっかくの機会でしたので参加しました。

当日の講師はコンクリートファイブジャパンの菱川(@HissyNC)さん。
使用されたスライドはこちら。

参加者の多くはWeb制作者で、WordPressのカスタマイズ経験がある方が多かったです。

concrete5はもともと大規模なサイトのCMSと開発されたという経緯もあるため、以下のような特徴をもっています。

  • 細かい権限管理
  • 版数管理
  • デザインとプログラム部分が明確に分かれている(MVCモデル)
  • テーマカスタマイズがバージョンアップの影響を受けにくい

Web制作の場面では、テーマ作成が容易でデザインカスタマイズの際に覚えることが少ないとのこと。実際にデモを見させていただきましたが、構成がわかればデザイナーさんでも容易にできそうな感じがしました。
テーマカスタマイズは次のような考え方になります。

  • テーマではエリアを指定する「だけ」
  • テーマがコンテンツを規定すべき「ではない」という考え方
  • 機能とテーマが分離できるので再利用しやすい

DBが抽象化されていることもあり処理は比較的重いとのことですが、キャッシュ機能が内蔵されているので公開後にキャッシュを有効にすることでサーバ負荷の軽減が可能とのこと。

ライセンスがMITライセンスで制限の緩いライセンスであるとともに、マーケットプレイスでの販売も可能とのことなので、いろいろと広がりが期待できました。

コーポレートサイトでは使いやすそうなので、どこかで使えればと思っています。
みなさんも是非試してみてください!