[WordPress] Jetpack パブリサイズ共有を使ってみた

Jetpackは、WordPressに様々な機能を追加するプラグインです。投稿時にSNSにて共有できる「パブリサイズ共有」を設定してみたので、簡単にまとめてみました。
wp_jetpack_1_00

Jetpackとは、Automaticが提供するWordPress.comサイトで利用できる機能を、インストール型WordPressに提供するプラグインです。Jetpackの「パブリサイズ共有」では、投稿をFacebook・Twitter・LinkedIn・Tumblr・Path・Google+ といったSNSにて共有できます。投稿時に共有するSNSは任意に指定できます。

【手順】
1. Jetpackプラグインを導入します。

2. パブリサイズ共有を有効にします。
管理画面の「Jetpack」→「Jetpack」をクリックするとJetpackの各機能が表示されます。「パブリサイズ共有」を確認し、「有効化」が表示されているときは、クリックすることで有効になります。「さらに詳しく」と表示されているときは、すでに有効となっています。
wp_jetpack_1_01

3. パブリサイズ共有の設定
「さらに詳しく」をクリックすると「パブリサイズ共有設定」へのリンクが表示されます。もしくは管理画面の「設定」から「共有」をクリックします。
wp_jetpack_1_02

どのSNSと共有するか設定画面が表示されます。
wp_jetpack_1_03

4. SNSとの共有設定
Twitterとの共有設定をしてみましょう。
「連携」をクリック後、Twitterのアカウント認証が要求されます。
認証が完了すると「このブログの他のユーザーもこの連携を利用できるようにしますか ?」と確認されます。
wp_jetpack_1_04
ここで、チェックを入れると他のユーザーが投稿した場合にもこの連携機能が使用できます。

続いてFacebookとの共有設定をしてみましょう。
「連携」をクリック後、Facebookのアカウント認証が要求されます。認証が完了すると、どのウォールまたはページと連携するかを指定する画面が表示されます(いずれか一つが指定できるようです)。
wp_jetpack_1_05
「このブログの他のユーザーもこの連携を利用できるようにしますか ?」と表示されますが、チェックを入れると他のユーザーが投稿した場合にもこの連携機能が使用できます。

5. 記事の公開
記事投稿時に、右側の公開ボタンの上に「パブリサイズ共有」という項目が追加されます。編集ボタンをクリックすると詳細の共有内容を変更することができます。
共有対象のSNSの選択が行え、カスタムメッセージには共有時の文章が記入できます。
wp_jetpack_1_06

6. 記事公開後
記事公開後には、パブリサイズ共有で指定したSNSに投稿が行われます。
Twitterでは次のように表示されます

Facebookでは次のように表示されます。
wp_jetpack_1_07

なおすでに公開された記事を更新する際には「パブリサイズ共有」は利用できませんので、何度もSNSにて共有されることはありません。このようにJetpackの「パブリサイズ共有」は、WordPressへ記事投稿時に同時にSNSと共有出来る機能です。皆さんも是非試してみてください。